FC2ブログ

ネガティブシンキング全開。

2006/07/17 01:38

文章を書いていたら、物凄い不快で主観的で、まぁ普段もそうですけど、いつも以上にそんな感じの文章になってしまいました。
ので、一応『続きを読む』としておきます。
見たい方…というか、見ても気にしない方は続きをお読み下さい。

自分でも『これはここに載せていいんだろうか?』くらい、自分の内部について語ってしまった気がします…(笑…えない)







『他人のふり見て我がふり直せ』って言葉があるじゃないですか。
あれってすごく私的にはいい言葉というか、為になる言葉というか。
思い知らされることが多いんですよねぇ。

特に「あ、この人自分に似てるかもしれない」って感じたときに、ものすごいその人を客観視しますね。
で、やだなぁって感じることがあれば、それを自分ではやらないようにするし、逆にいいなぁって感じたところはパクリます(笑)

でも最近気付いたのが、それじゃ自分らしさはどこに行くのかと。
やなとこはバンバン引っ込めて、いいとこは誰かの受け売りでって、そうしてたら自分らしさは埋没していくだけじゃないかと、思ったんですね。

そもそも私の私らしさってなんだろうと。
自分で言うのもなんですけど…というか、ここで暴露しちゃうのもアレですが、相当キャラ作りしてます。
昔からの友達、高校の友達、大学の友達との私、バイト先での私、家族の中での私は、それぞれ全部微妙にキャラが違うと思います。
多分それぞれの人に私の印象を聞くと、根本的には同じだけど、表面的なところに対してはそれぞれ違っているんじゃないかなぁ。
実際そういう風に言われたこともあるし。

そんなんめんどくさいことしてどうすんねん!って思われるかもしれませんが、それで私の均衡は保たれているんですよね。
素の自分を常に出しているのは、逆に疲れる。
多少キャラ作って、ちょっと違う自分をやってた方が楽なんです。
キャラである程度逃げられたり、誤魔化したり出来る部分があるんですね。
素だとホントに素なんで、それ以上どうすることも出来なくなってしまうので。
まぁ要は面倒くさがりなんです。
良く言って平和主義者、悪く言って卑怯者。

でもそのキャラ付けに振り回されたり、どうしようもなくなって惨めな思いをしたりってことも多々あります。
むしろその方が多いかな。
惨めというより、寂しい。
キャラ付けが、他人との間に見えない壁を作ってしまうんです。
壁の厚さは人によって色々だけれど、どんなに親しい人でも線を引いてしまいます。
唯一、隔たりが何もないのは家族のみ。

それは、やっぱり独りが嫌だからで。
素を出して嫌われるのが怖い。
自分が一番分かります。
素の自分は本当に嫌な奴なんです。大嫌いなんです。
だからキャラを作って、外に出さないようにして。
もし素が出たとしても、『他人のふり見て我がふり直せ』で学んできたことを活用する。
まぁそれが一種のキャラ作りと言えるんでしょうけど。

独りにならない為の、防衛策。
全てはそこに繋がるわけです。

独りが嫌なのに、壁を作る。
その壁が、最終的には気持ちの面での孤独を思わせることになるのに。

バカですよねぇ。
自分で自分を追い込んで、「独りは嫌だ」と喚いて、それでも壁は崩せない、臆病者。

まず、「キャラを作らなきゃ嫌われてしまう」という考え自体が、自分と人との間に溝を作ってしまっているのかもしれませんね。
うん…そうなのかな。

自然に素を出せて、尚且つそれが嫌味じゃない、いいキャラの人がうらやましい。


…自分、ネガティブにも程があるな(笑)

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Re:ヨウさん

自分はキャラ作りがあまりにも極端過ぎるような気がしてならないんだけども、みんなそういうものなのかなぁ。
そう言ってもらえると、少し救われた気がします。

私は音楽が好きな自分ですら、元はと言えば友人の受け売りだし…だからどうなのかなって思ってしまう。
他人に人一倍影響されやすいから、自分らしさって何だろうってなっちゃうんだと思う。
でもそういう考え方はいいね。
自分はやっぱり自分しか分かんないもんね。

…難しい。(笑)



ヨウですよ

キャラ作りしてない人なんていないと思うけどなぁ…

だから自分は鳴瀬さんはいたって普通だと思うよ。

実際自分もキャラ作りしてるし、どれが本当の自分なのかたまによく分からなくなるけどさ、音楽と絵を描くことが大好きなことは誰に対しても自信を持って言えることだから…自分は、性格の面は置いといて、根本的にはそういう人間なんだなって思ってるよ。

大雑把だけど、自分のことを少しでも理解していれば何も恐くないと思うなぁ。

難しいね(笑)



Trackback

Trackback URL:
 Home