FC2ブログ

3/12放送 ポンツカ・独断と偏見による文字起こし

2006/03/14 13:18

直=直井由文(チャマ)
増=増川弘明(ヒロ)
升=升秀夫(秀ちゃん)



升「『バンプの皆さんはいつか言ってみたい台詞ってありますか?ちなみに、私は「私は大丈夫だから、早く逃げて」です』」
直「あ、良いね(笑)」
増「え?」
升「いつか言ってみたい台詞だよ、こういうやつ」
直「え?じゃねぇだろうが」


ど頭から手厳しいツッコミを受ける増川くん。

升「俺はあんだよ」
直「おぉマジ?」
升「あるある。あのーなんか、何?あんま会ってない弟に、やられるとき」
直「え?(笑)」
升「やられるときに、もう死だよそんときは。でも、それがすげぇいいの(笑)」
直「…何を言ってんの?(笑)」
升「我が生涯に、一辺の悔いなし!
増「あぁ、その台詞か」
升「言いたいべ?」
直「言いたい」
増「言いてぇなぁ」


≪タイトルコール≫

冒頭から何の話だよ秀ちゃーん!(笑)やられるってナニを?!(笑)
しかもそれに妙に納得している増川くん(´∀`)
今日はやっぱり藤くん休み。


■ツアー中にあった忘れられないエピソードの話。

増川くんは『代々木の前日は寝れなかった』って話したのに、あとから『やっぱり寝れたわ』みたいな不思議ちゃん発言をしてました。
しかも台本を事前に読んでおいてなかったらしく、その場で悩んでた。可愛い(笑)

秀ちゃんは幕張の2日目の朝。
代々木でのライブレポを見た方は分かると思いますが、幕張の2日目の朝に、藤くんが病院で鼻に検査用の棒を突っ込まれたってMCをしたんです。鼻炎の検査かな。
どうやらそのとき秀ちゃんも一緒に突っ込まれてたらしく。
その前日には増川くんとチャマが突っ込まれてたそうです。綿棒を(笑)

増「あれ痛いよなー」
直「あれバカか?!ってくらい突っ込むんだよ」
升「痛ぇっつーかムカつくんだよ


検査にムカついてしまう秀ちゃんとチャマ。
でも分かる。アレルギー性鼻炎な私は、よく耳鼻科でやられました。細長い棒を突っ込まれるやつ。
確かに痛い。

増「なんかさ、結構ぐりぐりやられて」
直「で、ずっとくしゃみ状態だべ?…はっ…はぅんぐ…みたいな(笑)」


分かる分かる(´∀`;)
むずむずするんだよね。

チャマは個室に閉じ込められて食べたジンギスカン。
その個室が4畳半くらいの天井が低いところで、炭火を7人位がぎゅうぎゅうで囲んで食べたので、煙がすごくて熱かったらしいです。


■ライブの感想のお便り。

ライブのTシャツを受験の日に制服の中に着ていったら、見事合格したというお便りが。

知らんかった…!着てけばよかったよ…!!(涙)
言ってよチャマ!!(無理)

『兄弟へあげたりもらったりしたプレゼントで印象に残っているものは?』

直「兄弟にあげたもの…?」
増「うん、あげたものだって」
直「オッケー覚えてないーオッケー(笑)」


何がオッケーなんだよチャマ(´∀`)

升「覚えてないな…」
増「全然覚えてないな…なんでかな…」
直「えっ?!……オッケー(笑)」
全「オッケー(笑)」
升「次行ってみようかぁっ!


おいおいおい(;´ω`A

増「…最近妹にお年玉あげたことあったな」
升「現金ね、じゃあ(笑)」
直「金ね(笑)」



■ふつおた。

R.Nがキャンシーさんというだけで、お便りをカタコトで読むチャマ。
前に藤くんも似たようなことしてた気が(笑)

『卒業式の思い出のエピソードは?』

藤くん以外の3人は学ランのボタンが完璧だったとか。
だから卒業式が終わったあと、速攻近くの駐車場で弁当と饅頭を食べてから、新しい道を開拓(森の中に道を作っていた)しながら藤くん待ち。
そして帰ってきた藤くんはオールボタンナッシングだったそうです。

つか卒業式のあと森に新しい道を作るって…!今でもやりかねないあたりがバンプらしいというか(笑)


■ふつおた・2

卒業式で、卒業生が退場するとき何か物(お菓子とか)を投げる伝統(?)がある学校があるそうで。
お便りの子はインスタントラーメンをゲットしたらしく、『それを超えるには来年何を投げたらいいか』という質問が。

直「もうさ、あのさ、汚物じゃねぇかな
升「おぶ…汚いよ(笑)」
直「そっか」
増「出来た味噌ラーメン投げればいいんじゃねぇか?」


マテマテ!そういうインパクトは要らないよ卒業式に!!(笑)

増「じゃあもうおかずでいいじゃん。家から持ってきた」

投げやりな増川くん。
その後も、豆・将棋の駒・麩と適当な事(いや、真面目なのかも)を言うメンバー。
最終的には外国の卒業式でよく見かけるあの青くて四角い帽子を投げる、という結論に至ってました。

直「アメリカンハイスクールスチューデントかよ!


■バンやろ

『スタジオが借りれないときはどうすればいいか』というお便りに真面目に答えるメンバー。
本当に珍しく真面目でした(笑)


■ラブメール

『年上の男性と出掛けるときはどんな格好をしていけばいいか?』
その男性とやらは古着っぽいお洒落な人だそうで。

増「古着っぽいお洒落は相当お洒落って感じがするぜ、なんか」

なんか分かんないけど古着って聞くとお洒落な感じがするんだよね。
分かるよ増川くん、その安易な思考(笑)

デニムのスカート、Tシャツにカーディガン、スプリングコート、靴はヒールなしブーツ…と細かく決めていくチャマ。
サラサラと音が聞こえたので、どうやら絵を描いていたみたいです。

直「おー完璧じゃん。すんげー可愛い(笑)」

超具体的(笑)

このあとも結構お便りに対して真面目に答えているメンバー。
え?今日どうしたの??(笑)


■そしてついにこの企画。

直「バンプオブチキン27歳カウントダウン、トップバッター藤原基央、更なる格上男を目指して極上キャッチフレーズ大募集ー!いえーい!」
2「いえーい!!」
直「なんだこれぇぇ!(笑)」
2「(笑)」


思わず本音が出てしまうチャマ。
いやいやホントに、よくまぁこんな企画を思いついた人がいたもんだ(笑)

増「これ嫌がりそー(笑)」
直「ばかばかヒロー!(笑)」


増川くんまで本音がポロリ。
大丈夫なんだろうかこの企画(笑)

直「ヒロヒロー!テンション上げてかないと俺ら持たねぇぞっ」
増「セイセイセイ!
直「…ねぇねぇねぇ、俺ら昔からセイセイセイって言ってたよね?」
増「言ってた」
直「でもレイザーラモンもすげぇ言ってるよね」
升「言ってる言ってる」
増「まぁでもさ、日本語にしたら『言え言え』ってことだからさ」
升「ニュアンスは違ぇような気がするけどな」
直「俺らは『セイ』って言葉だったよな」


凹んでるときや、流すとき(話を流すってことだと思います)に使う掛け声らしいです。
つまりとりあえず使っちゃう言葉なのね(´∀`)

直「そっかー藤くんねーもう28になっちゃうの
升「一個増やすなよ(笑)」
直「あー俺27だと思ってたよ、自分が」


適当チャマ(´∀`)
さっき自分で『27歳カウントダウン!』って読んでたじゃん!(笑)


増「升にキャッチフレーズをつけるなら…スタンディング…『スタンディングマン』、増川弘明と」
升「チャマにキャッチフレーズをつけるなら…『ケツから出てきた男』、升秀夫と」
増「あっはっはっ!(爆笑)」


三人とも笑いが止まらないようで。

直「俺の親が悲しむよ(笑)くみちゃんが」
升「生まれたとは言ってねぇべ」
直「生まれてきたって言ったじゃんか(笑)」
升「いや、出てきたとしか(笑)」


『口から生まれた』なら分かるけど『ケツから生まれた』じゃあね…(笑)

直「増川くんにキャッチフレーズをつけるなら、もう、『ミスタービックサイズ』直井由文でした」
全「(笑)」
直「身長が高いじゃん(笑)」


そんなフォロー遅いですチャマさん(笑)


スタンディングマン・升秀夫
ケツから出てきた男・直井由文
ミスタービックサイズ・増川弘明
骨と皮でペラペラの体・藤原基央

BUMP OF CHICKEN

(藤くんのは勝手につけさせて頂きました/笑)

こんなアオリが雑誌とかに載ってたらびっくりですよね。
一体どんなバンドだよ…!みたいな。(´∀`;)


***

はじめは全部を文字起こししようとしたんですが、さすがに無理ですた…。
いつもやってる人はすごいなぁと思いました真面目に。
で、私の独断と偏見で所々引き抜いたり省ったりしながら抜粋させて頂きました。
(私的突っ込みも少々…いや、多々/笑)

これからもこんな感じでやっていけたらと思います。
これを読んで、バンプにあまり興味の無かった人にも、バンプっていいじゃん!って思って頂ければ嬉しいです(●´∀`●)


あー…ボード打ちをもっと完璧にせねば…!!


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home