FC2ブログ

自分が無力だと思い知る

2008/06/27 02:21

学校の友達が書いてる日記(ホムペの)を読んだんだけどね。
今すごくすごく苦しいらしい。
とってもとっても辛いらしい。

嗚咽が出るくらい、泣いちゃったんだって。

日記を読み進めたら、最後はもう大丈夫だよって書いてあったけど、そんなん、大丈夫なはずがないと思うんだよ。私は。
普通一人で嗚咽が出るくらい泣きますか?
よっぽど辛いか、思い悩んでるときじゃないと、嗚咽は出んでしょうよ。

不特定多数が見るホムペの日記にね、そういうこと書いて、みんなの同情を買おうとしてるみたいだけど、全然そんなことないです、とも書いてありました。

でも、書かずにはいられなかったんだよね。
とっても辛くて苦しくて、自分の中にいっぱい溜め込んで。
それを自分の中でなんとかしようとして、嗚咽が出るほど泣いたんだと思う。

それでもやっぱり、誰かに聞いて欲しくて、自分はこんなに苦しんだんですよ、って、誰かに分かってもらえたら、って思って、書いたんだと思います。
どこかでだれかとこの苦しみを共有できたなら、少し楽になるかもしれない。
そう思ったから、その子は日記に思いの内を書いたんだと思います。


そんなん書かれたら、力になりたいと思うじゃないですか。
少しでも、その子の辛い気持ちを和らげることが出来るなら、してあげたいと思うじゃないですか。

でも果たして、私にそれを受け止めるだけの器があるのかっていう。
よく、悩んでる話を聞いてあげるだけで、その人は楽になるもんだよ、ということを聞きます。
でも、やっぱり聞いてあげるだけじゃダメなんですよ。
そのとき、その瞬間に、その人が一番欲しい言葉を言ってあげられなければならない。と、私は思う。

「鳴瀬は、話は聞いてくれるけど何もしてくれないよね」
と言われたことがあります。
全くその通りです。
悩みを聞くことはいくらでも出来るけど、それ以上の言葉や、行動が私には出来ない。

だから、その日記を書いた子の話を聞くにしても、それを受け止めて、私は一体何を言ってあげられるんだろうか、とか考えてしまいます。

私がその日記を読んでいることは、その子は知ってるかも分からんし、知らないかも分かりません。
だから明日会って、知らんぷりだって出来る。
何も知らない、何も見てないふりをして接することだって出来る。
逆に、それがその子にとっていいことになるかもしれないけど。不変であることの優しさというか。

でも…!と思ってしまうのは、私だけでしょうか。

なんとかしてあげたいと思うのに、それには自分が余りにも無力すぎる。
情けないです。

私もこんな話、誰にも出来ないからここに書くんです。
その子の気持ちとってもよく分かるから、なんとかしてあげたいって、余計に思うんだろうな(笑)

結局は自己防衛のエゴだったりするんですよね。

エヴァのアスカのセリフを思い出しますねぇ。

私を見て!!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home